イベント

ふたご座流星群2019愛知で見える方角は?ピークの時間・穴場スポットは

こんにちは、hiromiです!

冬は空気が澄んで、天体観測にとっても適しています。
寒いですが、温かく着こんで空を眺めてみませんか?

12月には、ふたご座流星群が極大(ピーク)を迎えます。
毎年たくさんの流星を観測できる「ふたご座流星群」について調べてみました。

今回は、「ふたご座流星群2019愛知で見える方角は?ピークの時間・穴場スポット」と題しまして、ふたご座流星群2019が愛知県で見える方角、ピークの時間、また穴場のスポットについて、調べた内容をまとめましたので、ご紹介したいと思います。

では早速、本題に入っていきましょう。

ふたご座流星群2019愛知で見える方角とピークの時間

ふたご座流星群2019の極大(ピーク)は、12月15日の午前4時になっています。
今年は、下弦前の明るい月が一晩中空を照らしているため、観察の条件は良くありません。

13日、14日いずれの夜も、20時頃から流星が現れ始め、本格的な出現は22時頃から、真夜中を過ぎた頃に流星の数が最も多くなり、5時頃まで出現が続くといわれています。

(ピーク時)12月15日04時頃
13日未明から14日明け方まででも、大丈夫です。

ふたご座流星群がみえる方角は、とくに決まっておらず、比較的どこでも見えるといえます。

ただ今回は、満月過ぎの月がふたご座近くを一緒に移動する為、月明かりの影響が大きいです。月明かりが視界に入ると流れ星がみえなくなってしまうので、月を背にしてみるようにしてください。

流星は、放射点を中心に四方八方へ飛び出すように流れていきます。
放射点の近くでは流星は短く、離れるほど長くなって見えるんですよ。また、放射点の高度が高いほど流星は見えやすくなります。

今回のふたご座は、高い位置にありますので、見えやすいんですが
月明かりで条件が悪くなってしまってますね。

ふたご座流星群2019 愛知での穴場スポットは?

ふたご座流星群を、キレイな星の見えるスポットで見たい方に。
愛知県でおすすめなスポットをご紹介します!

茶臼山高原
星空カフェ「てんくう」


「恋人の聖地」と呼ばれる展望台からは、星に手が届きそうなほどの距離感で天体観測ができます! イベント時の夜は『星空カフェ「てんくう」』もオープンします。

スターフォレスト御園
天文台のある公共宿泊施設


日本屈指の星空鑑賞スポットとして知られている天文台です。

奥三河総合センター

こちらは去年の案内ですが。


愛知県が設置した宿泊施設です。
設楽町の満天の星空を是非体験してみてください

伊良子岬「伊良湖恋路ヶ浜」


灯台と満天の星空が楽しめます。

特に奥三河地方は、星空観測スポットが多いです。
他にもたくさんありますので、こちらもどうぞ