イベント

岡山マラソン2020中止!参加費は?返金される?

こんにちは、hiromiです。

先日、岡山マラソン2020が中止と発表されました。
ゲスト走者を招いて開催される『岡山マラソン』ですが、11月8日に開催を予定していました。

新型コロナウイルスは、現在少しづつですが感染者は減りつつあります。
まだ5月ですが、なぜ中止の発表になったのでしょうか?

今回は「岡山マラソン2020中止!参加費は?返金される?」と題しまして、岡山マラソンが中止になった件で詳細情報と参加費の返金についてお伝えしたいと思います。

それでは早速いってみましょう。

岡山マラソン2020中止理由について

岡山マラソンは今年で6回目の開催予定でしたが、中止が決定しました
本来なら11月8日を予定していましたが。

11月ならまだまだ先のことですので、もしかしたら開催できるのでは?と思うんですが、実行委員会の発表では

収束が見通せない中、ランナーやボランティアら参加者の安全確保が困難と判断した。
大会はフルマラソン(定員1万5千人)と5・6キロのファンラン(同1400人)の2部門。全国から多くのランナーが参加するため、スタッフや沿道の応援者らを含めて感染リスクを排除できないことや、大会運営に不可欠な医療関係者やボランティアの確保が不透明なことなどを踏まえて決めた。

確かに、応援する人・参加する人に体調不良の人が多く発生したら地元の医療機関でまかなえるのか?感染リスクを考えたら、仕方ないのかもしれません。

秋から冬にかけて、第2波がやってくるともいわれていますから、11月になって直前での中止を考えると、今の時期に中止にしておいた方が、影響が最小限で済むかもしれませんね。

有森裕子さんは岡山出身。ゲストランナーとして走ることになっていたんですが、残念ですね。

岡山マラソンの参加費は返金される?

岡山マラソンは、先行募集が4月8日~5月18日にされています。
フルマラソン2万541人、ファンラン1447人の計2万1988人の申し込みがあったが、中止決定により抽選はしない。応募者にはメールか郵送で通知する。

としています。

またこちらの参加費は、抽選前でお支払いをお願いしていませんでしたので、返金の処理は発生しません。

他の募集方法として、出走権付ツアーが販売されていましたが、こちらの参加費+ツアー代金が返金されます。
ツアー(出走権付)はこちら
ホテル(出走権付)はこちら

マラソン大会では参加費が返金されない

通常マラソン大会が中止になった場合、参加費は返金されないことが多いです。
東京マラソンが3月1日に予定されていましたが、新型コロナウイルスの影響で中止になりました。
でも参加費は返金されていません。

マラソン:国内16,200円、海外18,200円
10km:国内5,600円、海外6,700円
※事務手数料・消費税込み

1) エントリー規約に定める理由による大会中止の場合を除き、参加料の返金は行いません。
とあります。

積雪、大雨による増水、強風による建物等の損壊の発生、落雷や竜巻、コース周辺の建物から火災発生等によりコースが通行不能になった結果の中止の場合、関係当局より中止要請を受けた場合、日本国内における地震による中止の場合、Jアラート発令による中止の場合(戦争・テロを除く)は、参加料のみ返金いたします。なお、それ以外の大会中止の場合、返金はいたしません。

今回のコロナの影響はこれに値しないので、返金されませんでした。

参加するランナーからしたら、なんだか納得できない気もしますが。
『イベント中止保険』が下りるか下りないかで変わってくるみたいです。

マラソンは、当日ランナーが走る前の段階で相当なお金がかかってしまいます。
参加される皆さんへの参加賞・コース設営・安全対策など。

東京マラソン2020の参加賞

ナンバーカード
計測チップ(大会ロゴあり)
ランナーローブ
アルミシート
2020大会公式プログラム

これらは、参加する予定だった方たちに発送して送られます。

確かに大会前にお金がかかっていますよね。
中止だから全額返金します!とは言えないみたいですね。

まとめ

岡山マラソン2020が中止になったことについて、いろいろと調べてみましたが、

・中止の理由…新型コロナの影響で、ランナーやボランティアら参加者の安全確保が困難というのが、大きな理由のようですね。
まだ先のことだから何とかなるんじゃないか?と思ったんですが、間際になっての中止は損害も大きいですから仕方ないかもしれません。

・参加費の返金は…今回は、抽選の前だったこともあって参加費の払い込みはまだされていませんでした。

新型コロナが収束して、来年は無事に開催されることを祈っています。

それでは、今回はここまでとさせていただきます。
最後までお読みいただきありがとうございました。