人物

犬飼貴丈の両親は?高校ではハードルで入賞も!鍛えた腹筋がすごい!

こんにちは、hiromiです。

映画『ぐらんぶる』が公開中ですね!ほぼ全裸の主人公2人の青春コメディー。
笑える映画を観たい人にはオススメですよ。

映画『ぐらんぶる』に出演している俳優の「犬飼貴丈」(いぬかい あつひろ)さんについて調べてみました。
とってもイケメンな犬飼さんの素顔に迫ってみたいと思います。

犬飼貴丈の両親は?

犬飼さんは、徳島県出身で高校時代を徳島で過ごしました。
ご両親も徳島にいると思われますが、詳しい情報は公表されていない為、わかりませんでした。

犬飼貴丈(いぬかい あつひろ)って難しくて読めませんよね。最初、たかふみ?たかゆき?と思いましたが。
この名前もご両親がつけたんでしょうね。

犬飼さんは、第25回『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』に応募されグランプリを受賞しました。
ジュノンボーイに応募する時は、お母さんが応募したそうですよ。

お母さんとは今でも、週一で連絡を取り合うくらい仲がいいんだとか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

どーも、犬飼貴丈です(6) #かつて神童と呼ばれた男

犬飼貴丈(@atsuhiro.inukai_official)がシェアした投稿 –

小さい頃の写真ですが、ホントかわいい!かわいくて自慢の子供なので、応募したんでしょうね。
ご両親の情報は、一般人ですので公表していないんだと思います。仕方ありませんね。

高校ではハードルで入賞も!

犬飼さんは、徳島県立富岡西高等学校に在学していました。
高校時代は、陸上部に所属しハードルをやっていたそうです。

高校時代はハードルで、新人戦において県6位入賞を果たしているそうですよ。
運動神経が抜群だったので、仮面ライダーでのアクションも難なくこなすことができたんでしょうね。

ここで、犬飼貴丈さんのプロフィールをご紹介します。

名前:犬飼貴丈(いぬかい あつひろ)
誕生日:1994年6月13日
出身地:徳島県
サイズ:176cm/57kg
趣味:音楽鑑賞 DVD鑑賞
特技:ギター 110mハードル

略歴

2012年 ジュノンスーパーボーイコンテスト グランプリ受賞
2013年 徳島県立富岡西高等学校 卒業
2014年 昼ドラ『碧の海~LONG SUMMER~』で俳優デビュー
2017年9月『仮面ライダービルド』テレビドラマ初主演
2019年10月『ダブルベッド』にてMCを初担当
2020年 映画『ぐらんぶる』にて竜星涼とW主演

これまでジュノンスーパーボーイコンテストから「仮面ライダー」を経て、ドラマへの活躍と順調に進んでいます。
このような道をたどる人は、とても多いですね。歴代のジュノンボーイを経て仮面ライダーへ出演した人を見てみましょう。

俳優名 役柄
菅田将暉 2009年放送「仮面ライダーW」
渡部秀 2010年放送「仮面ライダーオーズ」
佐野岳 2013年放送「仮面ライダー鎧武」
上遠野太洸 「仮面ライダードライブ」に登場する仮面ライダープロドライブ
西銘駿 2015年放送「仮面ライダーゴースト」
飯島寛騎 2016年放送「仮面ライダーエグゼイド」
犬飼貴丈 2017年放送「仮面ライダービルド」
押田岳 「仮面ライダージオウ」に登場する仮面ライダーゲイツ
奥野壮 2018年放送「仮面ライダージオウ」
富樫慧士 2020年放送「仮面ライダーセイバー」

ジュノンスーパーボーイ出身だけを見ても、この通り。
ジュノン⇒仮面ライダー という流れが多いですよね!
やはり一番、活躍が目覚ましかったのは、菅田将暉さんですよね。

犬飼貴丈の鍛えた腹筋がすごい!


水着姿の写真、鍛えてますね~。
腹筋動画も公開していましたよ!

ほぼ水着か全裸。大丈夫なんでしょうか?心配してしまいますね。
役が決まった時のマネージャーさんの言葉

犬飼貴丈 担当マネージャー
この度は千載一遇のチャンスをいただき、参加を即断即決させて頂きました。
僕が立ち会った撮影現場では裸、ポスター撮影も裸、僕は服を着た犬飼をまだ見ておりません(笑)
ジュノンボーイから始まり、仮面ライダー、朝ドラなど、今まで培った経験だけは身にまとい、犬飼は文字通り裸一貫頑張りました。

犬飼さんも楽しい現場だったようで、「かけがえのない夏の思い出ができました。ほぼ裸でしたが。」と語っています。
ぜひ観てみたいと思います!

まとめ

今回は「ぐらんぶる」に出演される犬飼貴丈さんについて調べてみました。
なかなかのイケメンで、小池徹平さんと三浦翔平さんを足して二で割ったような感じで、お二人にそっくりだと思います。

今はこのように、海にみんなで行って楽しくワイワイとできないので、映画の中だけでも楽しい気分を味わえたらいいなと思います。

それでは今回はここまでとさせていただきます。
最後までお読みいただきありがとうございました。