人物

伊藤達彦【東京国際大】の出身高校は?成績や箱根駅伝では何区?

こんにちは、hiromiです。

全日本大学駅伝2019が開催されましたね。
伊藤達彦選手ぶっちぎりの13人抜き!すごかったですね~。お見事でした♪

今回は、「伊藤達彦【東京国際大】の出身高校は?成績や箱根駅伝では何区?」と題しまして、伊藤達彦選手の出身校や実績、過去の成績やこれからの活躍・進路についても調べてみましたのでご紹介いたします。

では早速本題に入っていきましょう!

伊藤達彦【東京国際大】の出身高校は?

伊藤達彦選手は東京国際大学のエースとして、3年連続で出場する、箱根駅伝での活躍が大いに期待されている選手です。

伊藤達彦選手は高校まで無名選手でしたが、大学に入り急激にその才能を伸ばし、大学トップクラスの選手に成長し、ナポリで開催されたユニバーシアードで銅メダルを獲得しました。

プロフィール
名前:伊藤 達彦(いとう たつひこ)
生年月日:1998年3月23日
星座:牡羊(おひつじ)座
出身地:静岡県浜松市
身長:169cm
体重:50kg
中学:浜松市立北部中学校
高校:浜松商業高等学校
大学:東京国際大学人間社会学部

静岡はサッカーが盛んですよね、伊藤選手も中学ではサッカーをしていたそうです。
高校から陸上を始めたそうですが、まだ無名選手でした。
そんな彼は、東京国際大学に入ってから徐々に実力を発揮していったようです。

伊藤達彦【東京国際大】過去の成績は

中学はサッカー。
高校から陸上を始めましたが、高校では無名選手でした。

大学1年

全日本大学駅伝の予選に出場
箱根駅伝予選 大会全出場選手中166位
1年生ではよい成績を残せませんでした。

大学2年

2年生からは徐々に好成績を出せるようになりました。

秩父宮杯全日本大学駅伝の予選では、自己タイム29分34秒で18位となり、1年生の時の記録を1分52秒も縮めました。

箱根駅伝予選では、東京国際大学出場選手中2位で大会全出場選手中28位
箱根駅伝ではエース区間2区を走る。

10000mでは28分46秒と好成績を収めています。

大学3年

箱根駅伝では2年連続でエース区間2区を走る。
日本学生ハーフマラソン選手権大会 61分52秒
3位となりユニバーシアード代表

大学4年

イタリア・ナポリで開催されたユニバーシアードのハーフマラソン 3位
このとき、1位…相澤晃選手(東洋大)、2位…中村大聖選手(駒澤大)
そして3位…伊藤達彦選手でした。

伊藤達彦【東京国際大】箱根駅伝では何区を走る?

箱根予選では東京国際大学は1位で箱根駅伝出場を決めています。

伊藤達彦選手は、3度目の箱根駅伝。
また今年もエース区間の2区を任されると予想します

伊藤選手の次の箱根に賭ける意気込みが伝わってきますね~

まとめ

今回は、「伊藤達彦【東京国際大】の出身高校は?成績や箱根駅伝では何区?」と題しまして伊藤達彦選手の出身や成績をご紹介しました。

箱根駅伝2020での走りも目が離せなくなりそうです!
とっても楽しみですね。

それでは今回はここまでとさせていただきます。
最後までお読みいただきありがとうございました。