スポンサーリンク

ライブ

SixTONESツアー2022の当選倍率がヤバイ!当選メールの時間は?

SixTONESのツアー「Feel da CITY」が2022に開催されると発表されましたね。
アルバム「CITY」の発表もあって、うれしさ2倍でした!

ファンにとっては待ちに待ったツアー!ということで、応募が殺到するのではないでしょうか?

SixTONESは、今とっても人気でチケットも取りづらくなっていますが、ツアーの倍率が気になります。
一体どのくらいの当選倍率になるのか?当選確率は?

今回はSixTONESのツアーの当選倍率や当選確率について調べてみたいと思います。
この記事でわかること、

  • SixTONESツアー2022の当選倍率・当選確率
  • SixTONESツアー2022の当選メールが来る時間

では早速見てみましょう。

SixTONESツアー2022の会場詳細!収容人数・アクセスは?SixTONES(ストーンズ)がアルバム「CITY」の発売を決定しました! それと同時にツアーの開催を発表しましたね。 SixT...

SixTONESツアー2022の当選倍率・当選確率

SixTONESツアー2022の倍率はどのくらいなのか?
予想では、2.3倍になると予想されます!

ではどうしてなのか、詳しく見てみますね。

当選倍率は、「応募者数(チケット申込数)÷収容人数(キャパ)」で計算します。

SixTONESツアーの応募者数

SixTONESのファンクラブ会員は、現在38万人になります。
全員が応募するとは考えにくいので、会員の6割が応募すると仮定して、1人4枚まで応募できます。

全員4枚購入は考えにくいので2枚と仮定して、応募者数:380,000✖0.6✖2枚=456,000となります。

会場の収容人数

会場の収容人数ですが、

会場収容人数公演回数
横浜アリーナ17,000人585,000
日本ガイシホール10,000人330,000
エコパアリーナ10,000人550,000
グランメッセ熊本10,000人330,000
セキスイハイムスーパーアリーナ7,063人428,252
真駒内アイスアリーナ11,524人557,620
朱鷺メッセ10,000人440,000
大阪城ホール16,000人330,000
広島グリーンアリーナ10,000人440,000
101,587人390,872

となります。
約39万人になりますね。

現在はまだ、収容人数の50%か。上限5,000人になっていますが、新型コロナが落ち着いていますので、「収容人数の制限をなくそう」という動きも出ています。

そこで、上限5,000人の場合と全席OKの2パターンで考えてみます。

前席の場合:390,872席
収容人数50%の場合:195,436席

となります。

当選倍率は?

先程の計算式を当てはめてみましょう。

収容人数が全数

456,000人÷390,872席=1.2倍
当選確率:80%

収容人数が50%

456,000人÷195,436席=2.3倍
当選確率:42%

となります。

ざっくりとした計算ですので、変動はあると思います。
ファンクラブ会員の応募がもっと多いかもしれませんし、1人4枚応募するかもしれません。

目安として参考にしてください。

SixTONESツアー2022の当選メールはいつ来る?

SixTONESツアーの当選メールは、2021年11月29日以降になります。
今までの傾向ですと、「15時から18時頃に当選メールが来た」という方が多いです。

グループによって当選メールの来る時間が違いますが、大まかに時間帯が別れているようです。

当選メールだけでは見落としがあるかもしれませんので、マイページから確認してくださいね。

SixTONESツアー2022グッズ販売

SixTONESのグッズは、オンライン販売のみになっています。
当日会場で購入はできないようです。

オンライン販売はこちらから⇒MERCH MARKET

グッズ販売についての詳細は、まだ発表されていません。
わかり次第追記します。

まとめ

SixTONESツアー「Feel da CITY」が開催されることが発表されました。
当選倍率は高いところで2.3倍になると予想されます。

今年中止になっていけなかった人も、来年のツアーには行けるといいですね。

スポンサーリンク