レシピ

ほんのり甘いバターロールを。いろいろ挟んでサンドイッチもいい!

こんにちは、hiromiです。

私はとってもパンが好き。朝は絶対パン食です^^
パンが好きで、自分で作れたらな~と思っていました。

ある日、パン教室があると教えてもらってから10数年。
いろんなパンを作ってきました。そんな中で、おすすめのパンをご紹介しますね。

簡単に作れるパンで、そのまま朝食によし。サンドイッチによし。のバターロールを作ってみましょう♪

バターロールは、形が面白くて、難しそうに思えますが、意外とカンタン。
それでいて、本当にバターロールの形に焼きあがった時には、「出来た~!」って感動しますよ。

では早速、作ってみましょう!

ほんのり甘いバターロールの作り方

=材料= 17個分
菓子パン粉   400g(強力粉)
イースト     8g
砂糖       40g
塩        6g
スキムミルク   20g
バター(有塩)  48g
水       260g

パン作りに大事なのは、温度です。
室温・粉の温度・水の温度…この3つの合計が60℃くらいがパン作りに適した温度です。
バターは必ず室温で。指で押してやわらかいかな?と感じるくらいです。
今まで、上手く作れなかった~という人は、温度を意識してみてくださいね。

私は機械でこねていきますが、ない場合は手でこねていってください。
ホームベーカリーを持っていたら、こねるまで使うのもいいですね。

1.粉、イースト、砂糖、スキムミルク、塩をポットに入れ、少しづつ水を入れてこねていきます。
2.3分くらいたったら、バターをいれ合計15分こねます。
3.こね終わったら、ポットにフタをしてそのまま40分置きます(一時発酵)
4.ポットから取り出し、スケッパーで45gづつに切り分ける。
5.丸めて、大きめのタッパーの中で発酵(ベンチタイム)15分
タッパーには布を敷きくっつかないように。乾燥しないようにフタをする。
中に湯呑にお湯を入れて置いておくのもいいですね。
6.成型
しずく型に丸め、5分置く。


めん棒で伸ばして太い方からクルクルと巻く。


最後のところはペタッとくっつけて、閉じ目が下になるように置く。


7.仕上げ発酵 35~40℃で30~35分
オーブンの発酵機能があれば利用していいですよ。
8.発酵が終わったら、とき卵を薄くハケで塗って焼きます。しっかり下のギリギリまで塗りましょうね。
170~180℃で10~12分

どうでしょう。出来上がりはこんな感じです。

ロールパンでサンドイッチ!

そのまま食べてもおいしいロールパン。
でももう一工夫すれば、見た目もおいしさもぐーんとアップしますよ。

そんなおいしいロールパンの食べ方をご紹介したいと思います。

卵をサンド…

卵をサンドといっても、卵焼きにしてはさむ。ゆで卵にしてはさむ。
ゆで卵をつぶしてはさむ。といっぱい種類がありますよね。
その中で、ふわふわ卵のサンドイッチをご紹介したいと思います。

卵1個
◎白だし 小さじ1
◎水小さじ2
◎マヨネーズ小さじ2

  • ◎を混ぜ合わせておく
  • 卵焼き器に油を熱し(強火)、卵液を流しいれて半熟状になるまで混ぜる(中火)
  • ボウルに戻し、ゴムベラで空気を含ませながら混ぜる。
  • 卵焼き器に油を熱し、正方形に形を整え焼く(弱火両面30秒づつ)

ソーセージをサンド…

ロールパンには、形から言ってソーセージが合うと思うんです。
長さもちょうどいいですしね。

ソーセージだけでは、いろどりが悪いので、緑のサラダ菜を挟んでみましょう。
添えるのは、ケチャップがベスト!
マヨネーズなども合うと思いますが、お好みでチョイスしてください。

きんぴらごぼう…

和風な味も取っても合います。きんぴらごぼうの甘辛味とパンがとてもマッチ!
日本人にはとても好まれる味ではないでしょうか?

サラダをサンド…

ポテトサラダやごぼうサラダが合うと思います。
サラダ菜を一緒にすると、色もきれいで食欲をそそりますね。

ホイップクリームと苺…
デザートみたいで子供受けします^^
普通のサンドイッチの中に、甘いパンも入れておくと変化があっていいですよ。

苺がなかったら、お好みのジャムを挟んでもいいですよ。
サンドイッチの中に、甘いサンドも入れておくと面白いですよ。

挑戦してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

シンプルなので、何を挟んでもおいしいロールパン。
市販のでもOKですが、一度手作りのパンにも挑戦してみてください。

出来上がるまでに時間は掛かりますが、パンの焼けた香りとアツアツのパン。
とっても幸せを感じます。焼きたてはとっても美味しいですよ。

では、また次回、別のパンもご紹介していきますね。
お楽しみに~♪