パンの美味しい食べ方

チーズがとろーりトマトジュースパン、 トマトとチーズは相性最高!

こんにちは、hiromiです!

今回は夏にピッタリ!トマトジュースを使ったパン生地にチーズを合わせたトマトジュースパンをご紹介します!

トマトって、夏に美味しくなりますよね。
トマトを食べると、その日浴びた紫外線を無かったことにしてくれる。といいます。

ぜひ、積極的に取りたい食材です。

私はトマトは大好きですが、なぜかトマトジュースにするとダメなんです。

ミキサーにかけると、トマトの匂いが強くなるように思います。
トマトの匂いは、大丈夫だと思ってたんだけど苦手だったんですかね~不思議です。

そんな私みたいな人はいると思いますが、そんなトマトやトマトジュースが苦手な人でも大丈夫なパンです。

トマトジュースを使うんですが、匂いも気にならないんですよね。

では、栄養満点なトマトジュースパンを作ってみましょう!

チーズがとろーりトマトジュースパン

うさぎちゃん
うさぎちゃん
トマトって栄養あるの?
パン屋さん
パン屋さん
そう、とっても栄養豊富なんだよ。
トマトの赤い色は、リコピンなんだ。
抗酸化作用があるんだよ。
うさぎちゃん
うさぎちゃん
サラダとかで食べるといいの?
毎日食べれるかな?
パン屋さん
パン屋さん
生で食べなくても、加熱してトマトソースにしたり、加工食品、ケチャップやトマトジュースにも充分栄養はあるんだよ。
うさぎちゃん
うさぎちゃん
そうかぁ、トマトジュースでもいいのか。

今回のトマトジュースパンは、トマトジュースを使うんです。栄養満点ですよ♪

=材料= 19個分
菓子パン粉(強力粉)400g
イースト      8g
砂糖        40g
塩         6g
トマトジュース   272g
バター(無塩)   48g
バジル       少々
※バジルは、こね上げの最後の方に入れてください。

クリームチーズ 15g×19個

作り方
1.粉、イースト、砂糖、塩をポットに入れ、少しづつトマトジュースを入れてこねていきます。
2.3分くらいたったら、バターをいれ合計15分こねます。
3.こね終わったら、ポットにフタをしてそのまま40分置きます(一時発酵)
4.ポットから取り出し、スケッパーで40gづつに切り分ける。
5.丸めて、大きめのタッパーの中で発酵(ベンチタイム)15分
タッパーには布を敷きくっつかないように。乾燥しないようにフタをする。
中に湯呑にお湯を入れて置いておくのもいいですね。
6.成型
裏返して手で押さえ、真ん中にクリームチーズを置く。
端の生地を真ん中にもってきて包む。
7.仕上げ発酵 35~40℃で25~30分
オーブンの発酵機能があれば利用していいです。
8.発酵が終わったら、とき卵を薄くハケで塗って焼きます。
180℃で10~12分

バジルのいい香りがします。
バジルの香りが効いてて、トマトの香りはそんなに気にならないと思います。

焼きたてはそのまま。冷めてしまったら、少し焼いて。
中のチーズがとろっとしてくると最高です!

ぜひ作ってみてください。

トマトとチーズは相性最高!

トマトって栄養価がとっても高いんです。
先程も言いましたが、リコピンが豊富!

リコピンには抗酸化作用があります。
積極的に取りたい栄養素。

トマトといえば、夏の野菜です。夏にたくさん取ってくださいね。

トマトは生で食べるより、加工したトマトの方がリコピンの吸収率が2~3倍になるそうです。完熟したトマトを使っているから、いいっていうのもありますよね。

また、トマトは油との相性もいいんです。
リコピンは熱にも強くて、さらに吸収性が高まるんですって。
トマトの加工品も大いに利用したいですね。
トマトジュース、ケチャップ、缶詰のトマト缶にトマトソース。
たくさんありますからね~

それに、トマトとチーズって、どうしてこんなに相性がいいんでしょう。。
トマトの酸味とチーズのコク。

ピザにしてもトマトソースと合う!
トマトをスライスして、モッツアレラチーズやクリームチーズと合わせてサラダにしただけでも、美味しいんです!

焼いたトマトにとろけたチーズも最高!ワインのおつまみにもなっちゃいます。
トロトロチーズがやみつきになっちゃいますね。

まとめ

今回は、トマトジュースパンをご紹介しました。
その名の通り、トマトジュースを使ったパン。

トマトジュースが飲めない私も大好きなパンです。
チーズが好きな人に、とっても喜ばれます。

たくさん作って、近所におすそ分けしました^^

甘いパンじゃないので、食事にも合うと思いますよ。
ぜひ、作ってみてくださいね。

それではまた、次回お会いしましょう♪