テレビ

ドラマMの天馬まゆみは実在する?ぶっ飛び衣装やスパルタは本当?

こんにちは、hiromiです。

ドラマ『M 愛すべき人がいて』が好調ですね。
新型コロナの影響で、放送が3話まででストップしてしまっていますが、個性的なキャラクターがそろってて。
面白いかな~?と期待もしていなかったのですが、一度見たらハマってしまいました!

今では、いつ4話放送されるの?と待ちわびています。

そんな個性的なキャラクターの中でも飛びぬけた存在感を放つ『天馬まゆみ』こんな人、本当にいたの?実在するの?
ということで、天馬まゆみは実在するのか衣装やスパルタレッスンは本当なのか?調べてみました。

ドラマMの天馬まゆみは実在する?

実は天馬まゆみのモデルは実在するのです。
浜崎あゆみのボイストレーナーをやっていた、原田真裕美さんという音楽教師です。

実際に浜崎あゆみは、ニューヨークでボイストレーニングを受けたようですよ。

原田さんは、現在もニューヨーク在住で、本業はサイキック・カウンセラーだそうです。

avexのスターも育成したそうで、TRFのYukiさん、安室奈美恵さんもトレーニングを受けていたんですよ。

あのぶっ飛び衣装は?

実際に原田さんがあのような衣装を着けたわけではなく、かなり脚色されていますよね(笑)
脚本家の鈴木おさむさんがかなり脚色してるんじゃないでしょうか。

原作の著書での「マユミ」も、「今度、疲れた、もうやりたくない、って顔をしたら、スタジオを追い出すわよ。」など厳しい言葉をかけていますが、
実際の原田さんが原作「M」を読まれた時、ご自身とはあまりに違う脚色がされていて「私はそんな喋り方はしないし、そんな事はしない!」とかなりお怒りだったとか。

ドラマでは天馬まゆみが、「今度『え?』って言ったら燃やすよ?」とか、バケツの水をぶっかけて「今度そんな顔したらJapanに突き返すわよ! のしつけてね!」などと言ってますが、実際にこんなこと言ってないみたいですよ。(当然か)
メチャクチャですもんね。


でも、水野さんの怪演ぶりにネット上には「水野美紀楽しんでる」「イキイキしててやばいな笑」などの声が殺到し、さらに「1回限りの出演なんてやめて!毎回出して欲しい~」「水野美紀無双」といった投稿が相次いでました。

あの衣装はどこから?

原田さんはもちろん、頭に羽は付けていませんし、あのようなぶっ飛び衣装は着ていません。では、あの衣装はどこから出て来たんでしょうか?

水野美紀さんは、この「天馬まゆみ」というキャラクターをどう演じようかと、かなり色々思案したそうです。

天馬まゆみのビジュアルイメージは、1960年代のアメリカのロックシンガー、ジャニス・ジョプリンを元にしたのだそうです。

おお、イメージピッタリですね!
納得です。

スパルタは本当?

先程も書きましたが、原田さんは「私はそんな喋り方はしないし、そんな事はしない!」と怒っていたように、実際はもっと優しく教えていたようですよ。

原田真裕美さんは、この間違ったキャライメージを払拭すべく、J-POPのボーカルレッスンを、久々に再開されたようです。

しかし、ドラマでの天馬まゆみのスパルタレッスンはくせになる人が続出で、

「くせが強すぎる、、」「奪い愛を思い出した!」「またキャラ濃い人が登場…」「一度見たら忘れられない」」「アユ、負けちゃうんじゃないかな!?」ABEMA TVより

と、視聴者からのコメントが来ているようです。

ネットでも、

「笑いが止まらない」「やばすぎ」「毎回出して欲しい~」

と好評です。現実には絶対にいなさそうだから、楽しめるんですかね。
確かにくせになる!

まとめ

今回は「ドラマMの天馬まゆみは実在する?ぶっ飛び衣装やスパルタは本当?」と題しまして、天馬まゆみに焦点を当てて調べてみました。

実際に浜崎あゆみのボイストレーナー「原田真由美」さんはいらっしゃいます。
ただ、あそこまでの強烈な衣装やスパルタは実在してないようですよ(笑)

強烈なキャラクターが多すぎて、ハマってしまった人がたくさん。(私もです)
みんな待っていますので、早く次回が始まって欲しいと思いますね~

それでは今回はここまでとさせていただきます。
最後までお読みいただきありがとうございました。