スポンサーリンク

人物

林芳正の嫁(夫人)はどんな人?子供や経歴・家系図も調査!

第二次岸田内閣の顔ぶれが出そろってきましたね。新たに加わった人や留任で同じ方もいらっしゃいます。

そんな中で留任される『林芳正』外務大臣についてみてみたいと思います。

第一次内閣の時もハニートラップなど、色々お騒がせの大臣ですが第二次内閣ではどうなるんでしょうか?動向をしっかり見ていきたいと思います。

今回は、「林芳正」外務大臣の家庭について詳しく見ていきたいと思います。

この記事でわかること、

  • 林芳正の嫁(夫人)はどんな人
  • 林芳正の子供は?
  • 林芳正の経歴や家系図

では見てみましょう。

林芳正の嫁(夫人)

林芳正大臣の奥様は、林裕子さんといいます。

裕子さんの経歴も素晴らしい経歴の持ち主なんですよ。


出典:一般社団法人 未来は人でつくるより

裕子さんの実家は、京都で代々続く医者の家系で、東京大学の医学部で、コンピューターを使った医療統計学を学んでいます。

裕子さんの妹の玲子さんも東大生で、林芳正さんとは同級生でお友達なんだそうです。

裕子さんは、東大卒業後に日本IBMでシステムエンジニアとして勤務し、1990年10月に林芳正さんと結婚されています。

林芳正の子供

お2人の間には、娘さんが2人います。

1994年5月に長女・温子さんが生まれていますので、現在28歳になります。
詳しい情報はありませんでしたが、早稲田大学に進まれたのでは?と言われています。

次女についての情報はありませんでしたので、詳しくはわかりませんでした。

林芳正の経歴や家系図

林芳正大臣は、素晴らしい経歴の持ち主なんです。簡単にご紹介してみますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

林芳正(@hayashi_yoshimasa)がシェアした投稿

1961年1月父 林 義郎、母 万里子(宇部出身)の長男として生まれる
1984年3月東京大学法学部卒業
1984年4月三井物産株式会社に入社
1989年6月サンデン交通に入社
1990年7月山口合同ガスに入社
1990年10月裕子と結婚
1991年1月ハーバード大学政治学大学院特別研究生として渡米
1992年9月ハーバード大学ケネディ行政大学院入学
1993年2月林 義郎大蔵大臣政務秘書官
1994年2月ハーバード大学ケネデイ行政大学院 復学
1994年5月長女、温子誕生
1994年6月同大学院卒
1995年7月参議院議員選挙(山口県選挙区)で初当選
2006年9月内閣府副大臣
2008年8月防衛大臣就任
2012年12月農林水産大臣就任
2017年8月文部科学大臣就任
2021年)11月外務大臣

1995年に参議院議員で初当選してからは、自民党の中の役職にも付き、2012年の安倍内閣からは色々な大臣も歴任しています。

アメリカのハーバード大学へも留学の経験があり、英語がペラペラなのも頷けますね。

林芳正の家系図

林芳正大臣の父親は林義郎(元衆議院議員)ですが、ずっと政治家の家系を持っています。

林義郎(元衆議院議員)
祖父林佳介(元衆議院議員)
義大叔父属啓成(旧姓名:朴啓成、音楽評論家)
義叔父広瀬勝貞(大分県知事)
外祖父俵田寛夫(実業家)
曽祖父属最吉(実業家)
曽祖父俵田明(実業家)
高祖父林平四郎(元衆議院議員)

父・叔父・祖父・高祖父と衆議院議員の議員。その他にも実業家の方達が大勢います。

代々地盤を引き継いできた。という印象ですね。
今後は娘さんが地盤を引き継いでいくのでしょうか?要注目ですね。

まとめ

今回は、外務大臣を務める『林芳正』議員について調べてみました。

山口県で代々続く政治家の家系で、夫人の裕子さんも優秀な方だということがわかりました。

娘さんが2人いますが、詳しい情報まではわかりませんでした。この先外務大臣を留任ということで、世界情勢が厳しい中、どのような手腕を発揮されるのか似ていきたいと思います。

スポンサーリンク