スポンサーリンク

スポーツ

川井友香子の父や母の職業は!実家はどこで高校は?彼氏の存在も調査

女子レスリングで東京オリンピック出場を果たした『川井友香子』選手。
姉妹で出場ということで、話題になっていますね。

そんな川井友香子・川井梨紗子姉妹のご両親はどんな方なんでしょうか?
また実家や出身高校などについても調べてみたいと思います。

この記事でわかること、

  • 川井友香子選手の両親の職業は?
  • 実家や出身高校
  • 彼氏の存在は?

では、調べてみましょう!

川井友香子の父親・母親

川井友香子選手のご両親は、父親・母親ともにレスリングをしていた有名な方でした。
そんなご両親の元、育てられた友香子さんは、当然のようにレスリングを習い始めます。

さぞ、練習にも熱心だったと想像できますね。

父親は元学生チャンピオン

父親の川井孝人さんは、1968年生まれ。
現在53歳くらいでしょうか。

父・孝人さんは、グレコローマンレスリングの元学生チャンピオン。
現在は、金沢北陵高等学校レスリング部の顧問を務めています。

母親は元日本代表

母親の川井初江さんは、2歳年下。
現在51歳くらいですね。

母・初江さんも元レスリング選手で、1989年の世界選手権53kg級に出場して7位。
当時、オリンピック種目に「女子レスリング」はありませんでした。

もしあったら、当然オリンピック出場を果たしていたと思いますが、そのお母さんの夢を娘たちは引き継いだことになりますね。

また母親の初江さんは、金沢ジュニアレスリングクラブのコーチを務めています。
お姉さんの川井梨紗子さんと一緒に、この教室でレスリングを厳しく教えられたそうです。

川井友香子の実家や高校は?

ここで、川井友香子さんのプロフィールをご紹介しておきましょう。

プロフィール

名前:川井友香子(かわい・ゆかこ)
生年月日:1997年〈平成9年〉8月27日
身長:162cm
出身地:石川県河北郡津幡町
出身大学:至学館大学

現在は至学館大4年生。
2019年世界選手権では銅メダルを獲得しています。

小学校2年生の時、金沢ジュニア教室でレスリングを習い始め、
中学3年生の時には、ジュニアクイーンズカップ中学生の部48kg級で優勝を果たしました。

高校は、名門の至学館高等学校へ進学。
大学は、至学館大学へ進学。

という経緯をたどっています。

川井友香子の実家

実家は、石川県河北郡津幡町にあります。
石川県の真ん中あたり、金沢市の少し北になります。

石川県森林公園があって、とても自然豊かな土地です。
津幡町には「木窪大滝」があり、夏はとっても涼し気です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

nanacl(@delfina_7cl)がシェアした投稿

滋賀県に「メタセコイア並木」がありますが、津幡町にも「メタセコイア並木路」がありますよ。
自然あふれる場所だということがわかりますね。

川井友香子の彼氏は?

川井友香子選手に彼氏はいるんでしょうか?
現在、大学4年生。彼氏がいてもおかしくありませんが。。

調査しましたが、彼氏の存在を匂わせるものはありませんでした

川井友香子さんは、倖田來未さんのファンらしく、一緒に写った写真もありました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

川井友香子 Yukako Kawai(@yukako_kawai27)がシェアした投稿

あとは、女の子らしくコスメやスイーツ。愛犬の写真もたくさんインスタに上げていますね。
姉妹の仲もとってもいいみたいです。

愛犬の「きな子」ちゃんが、パワーの源みたいですね。
東京オリンピックも頑張って欲しいですね。

まとめ

川井友香子選手について、調べてみました。
父親・母親ともにレスリングの選手だったそうですので、元々の素質を持った選手ですね。

姉「川井梨紗子」選手とともに東京オリンピックでの活躍が期待されます。

スポンサーリンク