スポンサーリンク

人物

寺嶋眞秀の襲名はできる?歌舞伎界でハーフはいるの?今後の活動は!

寺島しのぶさんの長男『寺嶋眞秀』くんが、「逃走中」に出場しますね。
5月5日は子供の日だから、逃走中も子供がたくさん参加するんですね。

いつもはハラハラドキドキですが、今回はどうなるでしょうか?
ちょっと楽しみです♪

今回は、寺嶋眞秀(まほろ)くんについて調べてみたいと思います。

この記事でわかること、

  • 寺嶋眞秀くんは歌舞伎界に進む?襲名はどうなる?
  • 歌舞伎界でのハーフの存在
  • 今後の芸能活動は?

それでは調べてみましょう!

寺嶋眞秀くんは歌舞伎界に進む?襲名はどうなる?

寺嶋眞秀くんは、寺島しのぶさんとローラン・グナシアさんの長男です。
ローラン・グナシアさんは、海外を拠点にアートディレクターをおこなっているフランス人。

眞秀くんはフランスと日本のハーフなんですね。

眞秀くんは、2017年5月に初お披露目を迎えました。
小さい頃から歌舞伎のDVDを喜んで見ていた。といわれる眞秀くん。

初お披露目も、自分から「出たい!」とおじいさんの「尾上菊五郎」さんに言ったそうです。

ただ、襲名となると「音羽屋」である尾上家には菊之助さんの長男、寺嶋和史くんがいます。2019年2月には「七代目尾上丑之助」を襲名しています。

この先「尾上菊五郎」を襲名していくのは、眞秀くんの従弟でもある「和史くん」になりますよね。

では、眞秀くんは襲名できないの?
予想ですが、歌舞伎の名跡「尾上梅幸」を襲名するのでは?とも言われています。

まだどうなるかはわからないですが、期待したいですね。

歌舞伎界でハーフは初めて?

もし眞秀くんが歌舞伎への道に進んだとしたら、ハーフの歌舞伎役者となります。
ハーフの歌舞伎役者って初めてなんでしょうか?

実は、昔「市村羽左衛門」さんという方が、ハーフだったことがわかっています。
市村羽左衛門さんは、大正から戦前昭和の歌舞伎を代表する役者で、チャールズ・ルジャンドルと池田絲(いけだ いと)の間に生まれた子供だといわれています。

ルジャンドルはフランス生まれのアメリカ人だそうで、
時代を代表する美男子で、そのあまりもの美貌から「花の橘屋」と呼ばれていたそうです。

眞秀くんが歌舞伎界に進んだとしたら、二人目のハーフの歌舞伎役者。
これからの国際化の時代に、ハーフの歌舞伎役者がいてもおかしくないですよね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

坂東 彦三郎(@otowayabando)がシェアした投稿

将来を担ってくれる役者さんがたくさん。
楽しみですね。

寺嶋眞秀・父との会話はフランス語

眞秀くんのお父さんは、アートディレクターのローラン・グナシアさん。
お父さんと会話するときはフランス語で話すそうですよ。

フランス語と日本語を話せるなんてすごいです。
眞秀くんは、現在歌舞伎の稽古の他に、お芝居や声優、CMにも出演しています。

また、お父さんがアートディレクターだけあって、学校の工作なども好きなようです。
きっと物を作る才能もあるんでしょうね。この先楽しみです。

まとめ

寺島しのぶさんの長男「寺嶋眞秀」くんについて調べてみました。
これから歌舞伎の世界に入るかもしれません。

そうしたら、ハーフの歌舞伎役者になるんですね。
お父さんやお母さんの才能を引き継いで、素敵な役者さんになることを楽しみにしています。

スポンサーリンク