スポンサーリンク

スポーツ

風間球打の父や母・家族構成は?進路はプロでドラフト候補!評価は?

秋田県代表の「明桜高校」の投手『風間球打』選手。
182㎝と長身な体から繰り出す球は、150キロを超える球速です!

スカウトの注目を集める「風間」選手ですが、父や母、家族構成はどうなっているんでしょうか?
また、スカウトのからの評判もいいようですが、高校卒業後の進路はドラフトでプロ入りでしょうか?

今回は「風間球打」選手の父や母・家族構成や進路についても調べてみたいと思います。

風間球打の父親は?

風間球打選手の父親は「風間啓介」さんといいます。
お父さんも野球をやっていて、塩山商業高校の高校球児だったそうです。

現在は「塩山高校」に名前が変わっていますが、出身者にはプロ野球選手の「松本信二選手」「鶴田泰選手」がいます。塩山商は、昭和51年に初の甲子園出場を果たしていますが、その後は出場が叶いませんでした。

そんな中で、お父さんの啓介さんも野球に打ち込んでいたんでしょうか。

また、お父さんは、漫画家 水島新司さんの「球道くん」が好きで、その影響から子供たちにはみんな『球』の字が名前に入っているんです。


兄の球星さんが、甲府工で注目された際こんな記事が出ています。

父啓介さんも塩山商の高校球児。「球星」の名前には、水島新司の漫画「球道くん」になぞらえ「球けがれなく星になれ」との思いが込められている。
引用:日刊スポーツより

お父さんの野球への愛があふれていますね!

風間球打の家族構成

風間球打選手の家族構成は、どうなっているんでしょうか?

家族構成



長男:球道(きゅうどう)
次男:球星(きゅうせい)
本人:球打(きゅうた)
弟:球志良(きゅうしろう)

全員で6人家族です。

風間選手の家族構成は、父・母・兄2人・弟と、あわせて6人家族です。
お母さんについては、名前は「今日子」さんというそうです。


マキタスポーツさんは、山梨県出身。
どうやら風間球打選手のご両親とは『幼なじみ』だったようですね。

ご両親も同じく幼なじみだと思われますね。

風間球打の進路は

風間選手は、もちろんプロ野球を目指しているようです。
風間選手は、自己最速の157キロをマーク。プロ野球のスカウトマンがこぞって欲しがる逸材です。

広島・田村スカウト課長
「強く腕を振れるし、ストレートの球威、球の質は全国でも間違いなくトップクラス。タイプ的にはうちの森下に似ている」

ヤクルト・橿渕聡スカウトグループ次長デスク
秋田大会にて、
「ウチのスピードガンでは(最速は)147キロでした。地方大会と比べると、球威は出ていませんでしたが、丁ねいに低めに投げようという、意識が感じられました。力で打者をねじ伏せるだけでなく、緩急を使った投球もできる

巨人・榑松スカウト部次長
「1位候補です。(上位)12人には入る」

と、スカウトからの評価も上々です。
ドラフトでは必ず指名が来ると思いますよ。

風間球打の球速・評価

150キロを投げる本格派の投手です。
秋田大会では、自己最速の157キロをマーク。

対戦した秋田高の佐藤大誠選手は、
「あの球を投げられると手も足も出ないと思いました。打席に立って風間くんの気迫を感じて、あの球だけはほかの球とは威力が違うなと感じました」

尾花高夫総監督兼投手コーチの指導で、入学時は135キロ、1年夏に138キロだったのが、昨年夏には150キロを投げる投手になってきました。

必ずプロ野球に入る選手だと言えますね。

風間球打プロフィール

風間選手のプロフィールをご紹介します。

名前:風間 球打(かざま きゅうた)
生年月日:2003年10月11日
出身:山梨県甲州市
身長:183cm
体重:81kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:ピッチャー兼レフト

兄弟は4人で父も含め、全員が野球をしている「野球一家」。
他のスポーツに興味を持つ暇もなく、野球に打ち込んでいったんでしょうか?全員が野球というのもスゴイですね。

まとめ

明桜高校の3年生『風間球打』選手についてまとめてみました。
父や兄弟全員が、野球一家という家庭で育った風間選手。

投手としてもメキメキ実力を発揮していますので、プロに進むのは間違いないと思います。
これからの活躍が期待されますね。

スポンサーリンク