スポンサーリンク

ドラマ

リコカツのロケ地・旅館は陣屋!場所や値段は?実は倒産の危機だった

ドラマ「リコカツ」毎週楽しみにしています。
第3話でロケ地となった旅館『陣屋』は神奈川県鶴巻温泉の老舗旅館。

趣がステキですよね~。情緒があって、一度は泊まってみたい旅館です。

そんなロケ地となった旅館「陣屋」について調べてみました。
場所や値段についてもお伝えしていきますね。

リコカツのロケ地・旅館は「陣屋」

「リコカツ」面白いんだけど、なんだかキュンキュンしちゃいますよね~
咲と紘一はよくぶつかりますが、実は相性がいいんじゃないかな?と思っちゃいますね。

第3話では、なぜか新婚旅行に行くことになっちゃいましたが、その旅館が鶴巻温泉にある『陣屋』なんです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

鶴巻温泉 元湯陣屋(@jinya1300)がシェアした投稿

庭がとってもキレイで、落ち着いた雰囲気がいいですよね。
とっても落ち着いた雰囲気で、露天風呂もいいんですよ~

 

この投稿をInstagramで見る

 

鶴巻温泉 元湯陣屋(@jinya1300)がシェアした投稿

素敵な旅館ですよね。
一泊いくらになるのか、気になります。

旅館「陣屋」の場所や値段は?

創業100年の老舗旅館「元湯 陣屋」
場所は、神奈川県秦野市。東京から行くと箱根の手前になります。

住宅街にある温泉旅館なので、アクセスは箱根より楽に行けますよね。

「陣屋」には明治天皇を迎えるために作られた「貴賓室」と言われるお部屋があります。
将棋のタイトル戦にも使われる部屋になっています。

こちらの「貴賓室」にも止まることはできますし、「離れ貴賓室」や「露天風呂付」のお部屋もありますね。この高級感が贅沢してるな~ととっても幸せな気分になります!

料理にもこだわった宿泊プランだと、大人二人で1人当たり¥85,800(税込)が最高ですね。

泊まる人数やお部屋・料理によって金額は変わってきますが、素泊まりだと1人¥22,000(税込)もありますよ。

日帰り温泉プランなどもあるようですので、高級旅館の気分を味わうのもいいですよね。

料金や予約状況については、公式ホームページでチェックしてみてくださいね。
陣屋公式ホームページ

陣屋は倒産の危機だった!

陣屋は、実は10年以上前、借金10億円以上抱える、倒産間近の旅館だったんです。

バブル崩壊後から売り上げが落ち、2008年頃は借金が10億円にまで膨らんでしまっていたそうです。
売却先を見つけようとM&Aに申し込むも、買い手がつかず、どうしても借金は残ってしまう。そこで、息子さんが「旅館を継ぐ」ことを決意したそうです。

このままいけば、あと半年後に倒産!という状況だったところを、「継ぐ」というのは、相当な覚悟だったのではないでしょうか。しかし、奥さんとも力を合わせて、3年でV字回復していきました。

V字回復させた方法

・徹底したコスト削減
・客室単価の見直し
安売り⇒高級志向への変換
・ブライダル事業

客室単価は、「貴賓室」を一般にも開放し、露天風呂付のお部屋など、高級感を前面に出していったそうです。
確かに、「陣屋」のインスタを見ても、高級感があふれています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

鶴巻温泉 元湯陣屋(@jinya1300)がシェアした投稿

また、IT化も進め、従業員が全員iPadを持ち、情報を共有するようにするなど、画期的な試みも進めたことで、従業員の意識も変わっていったようです。

離職率を減らす為に、働きやすさも追求して、週休3日を導入しているそうですよ。
週休3日なんて、サラリーマンからしたら夢のよう!

そして、稼働率の低い火曜日と水曜日を完全に定休日にしてしまいました。

旅館に定休日があるなんて、初めて聞きましたが売り上げにそんなに影響はなかったようですよ。
しかも、「定休日に旅館を撮影場所に使いたい。」とドラマや映画のロケ地に使うことが増えたそうです。

だから今回の「リコカツ」でも、旅館の定休日に撮影ができたんですね。

まとめ

リコカツに出てきた旅館『陣屋』は、神奈川県鶴巻温泉にある老舗旅館。
とっても情緒あふれる素敵な宿でした。

いつか泊まってみたいな。と思う旅館ですね。
では第4話も楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク